大嶋宣人のThinking Increment
トップページ プロフィール 研修/講演 音楽活動 執筆書籍 お問い合わせ

「大嶋宣人の "Thinking Increment"」ITソーシャルネットワークをシンプルに、スマートに使いこなしていくための奮闘記

職業講話『プログラマー』

本日は地元の中学校へお邪魔しました。

 

実は「職業講話」の講師をご依頼いただき、『プログラマー』という職業について中学2年生にお話ししてきました。

 

 

今、世界中のプログラマーが必死で研究している『人口知能』のこと。

 

いよいよ登場した夢溢れるデバイスである『MRゴーグル』のこと。

 

プログラマーの日曜大工(日曜プログラミング)の話まで、時間のある限り話し続けました。

 

少しでもにプログラマーという職業に興味を持ってもらえたら嬉しいです。


普通じゃない、とは?

愛知県内の公立高校よりご依頼いただき、STEM教育特別授業を担当することになりました。
2020年プログラミング授業必須化の影響でいよいよ公立学校もSTEM教育への関心が高まっているようです。

 

理系2クラスを対象に2時間ずつ全5回の時間を担当します。
現在、そのための特別カリキュラムを作成中なのですが、1クラス40名を対象に一斉授業を行う経験ははじめてです。
成果も重要だと思いますが、一番重要なのは、学生達が夢中になること。
そう考えると、ますます悩みます。

 

ゲームプログラミング道場に通う高校1年生の生徒に聞いてみました。

 

「学校でプログラミングの授業を受けるのであれば、どんな授業を期待する?」

 

そして、返ってきた言葉。

 

「普通な感じだと退屈だから、普通の授業じゃない感じがいい!!」

 

とのこと。

 

普通、とは?

 

普通じゃない、とは?

 

悩ましい言葉ですが、とても参考になりました。


STEM教育と情報モラル教育

弊社はロボットプログラミング教室「ジーニアスクラブ」ゲームプログラミング道場を通して、子供たちへのSTEM教育に取り組んでいます。

幸い、入会していただいた子は、ほとんど途中で退会することなく、順調に能力を伸ばしています。

しかし、最近感じることがあります。

高度なITリテラシーを持った子達をさらに育成していくためには、情報モラル教育を徹底しなければならない。

そう感じます。

 

特にプログラミングを身につけた子には、注意をしなければなりません。

子供の想像力と好奇心に、それを実現する能力が加わると少々危険なことを実行できてしまいます。

(例えば、どこかのサーバ・ネットワークへ強い負荷を与える等)

だからこそ、通常の情報モラル教育より、もっと高度な情報モラル教育が必要になります。

 

恥ずかしながら、今更その点に気づきました。

自分が危険な目に”合わない”情報モラル教育だけでなく、他人を危険な目に”合わせない”情報モラル教育にも力を入れていきたいと思います。


忘れる、ということ

私は、忘れる、というのが嫌いです。

基本的に、1回で覚えられるようにその時本気で記憶するようにしています。

割と記憶力も良い方だと思います。

 

映画を見るのが好きなのですが、同じ映画を2回見るのも、基本的には好きではありません。

同じものを見るのに、2回分の時間を掛けるのが非合理的だと考えてしまうからです。

 

しかし、ある映画の内容をほとんど忘れてしまい、ただ「とても良い映画だった」ぐらいしか記憶にない作品がありました。

そこで、もう一度見てみたところ、やはりとても良い映画でした。

 

同じ感動を2回得られる可能性もあるのなら、忘れる、というのも悪くないものだと気づきました。


黄砂と洗車

黄砂が酷く、少し雨が降ると自動車に付着した黄砂が目立ちます。

洗車しようと思ったら、ホースが壊れたのでホームセンターへ購入しに向かいました。

 

そうしたら......

 

 

KARCHERの高圧タイプを発見。

これなら、水をかけるだけで黄砂が落ちるかもしれない、と考え、購入しました。

 

黄砂の時期です。

同じことを考える人も多いはず。

KARCHERを目立つ場所にディスプレイすれば良いのにな、と感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Facebook

最近の記事

カテゴリ別

月別

recent comment

モバイル版 QRコード

qrcode

検索