大嶋宣人のThinking Increment
トップページ プロフィール 研修/講演 音楽活動 執筆書籍 お問い合わせ

「大嶋宣人の "Thinking Increment"」ITソーシャルネットワークをシンプルに、スマートに使いこなしていくための奮闘記

普通じゃない、とは?

愛知県内の公立高校よりご依頼いただき、STEM教育特別授業を担当することになりました。
2020年プログラミング授業必須化の影響でいよいよ公立学校もSTEM教育への関心が高まっているようです。

 

理系2クラスを対象に2時間ずつ全5回の時間を担当します。
現在、そのための特別カリキュラムを作成中なのですが、1クラス40名を対象に一斉授業を行う経験ははじめてです。
成果も重要だと思いますが、一番重要なのは、学生達が夢中になること。
そう考えると、ますます悩みます。

 

ゲームプログラミング道場に通う高校1年生の生徒に聞いてみました。

 

「学校でプログラミングの授業を受けるのであれば、どんな授業を期待する?」

 

そして、返ってきた言葉。

 

「普通な感じだと退屈だから、普通の授業じゃない感じがいい!!」

 

とのこと。

 

普通、とは?

 

普通じゃない、とは?

 

悩ましい言葉ですが、とても参考になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   

Facebook

最近の記事

カテゴリ別

月別

recent comment

モバイル版 QRコード

qrcode

検索